カートをみる マイページ(会員登録) ご利用案内 お問い合せ レビューを見る サイトマップ

こまができるまで

独楽工房 隈本木工所 独楽ができるまで

独楽工房では,佐賀県玄海町周辺のマテ樫(まてがし)を中心に、 国内産を使用し、直径8mmの「チビこま」から12.3mmの「祝い独楽」まで、1本の木を削り込んで作っています。
手作りですから微妙な違いがありますが、どれをとっても世界にひとつの独楽(こま)です。

独楽の製造工程をムービーでチェック

画像をクリックして独楽(こま)の製造工程を見ることができます。
※ActivXコントーロールの表示がでた場合は、OKを押してください。
ムービーをご覧になるにはクイックタイムプレイヤーが必要です。
クイックタイム

を使用)

乾燥

工房・隈本木工所の「こま」は、100年前は、八女地方のカシ材を使用していたが、だんだんと木がなくなり、現在では、佐賀県玄海町周辺のマテ樫(マテガシ)を中心に使用しています。伐採してきた木を約1年ほど乾燥させ、使用します。

原木を切る

裁断

乾燥した原木を裁断します。

荒削り

荒削り

独楽の製造工程削る

仕上げ削り

八女ごまの特徴は、へそ。
中央のヘソを削っているところです。

木地ごま完成

生地ごまの完成

こまの木の形状の変化
形はこの様に変化していきます

下地ぬり

←下地ぬり

絵付け

絵付け

すべて手作業です。

色がなじむように後乾燥させます。

八女独楽の完成

八女ごまの完成品です。

ページトップへ